報告書・レポートの書き方、書式、フォーマット、テンプレート


◆レポート・報告書を書く技術 厳選119例

★報告書・レポート・提案書の書き方 すぐ書けるそのまま使える


報告書の書き方/安田賀計

報告書の書き方/安田賀計

報告書・レポートの種類、特徴

「報告書・レポート」ここがポイント

◆いますぐ使えるレポート報告書作成マニュアル 

報告書、レポートの書き方は、報告書、レポートの種類によって変ってきます。自分が作成するレポート、報告書の例・テンプレートを探し、書き方を学び、工夫する必要があります。

一般的に、会社内部でよく作成されるビジネス文書として、業務活動報告、営業報告書、出張報告書、研修報告書、会議報告書、調査報告書、作業報告書、経過報告書、或いは、クレームが発生した時の事故報告書・是正報告書などがあります。
収支報告、会計報告、給与支払報告、決算報告、更には環境報告などのように、対外的に提出するレポート、報告書等もあります。

報告書、レポートの種類は数多くありますが、ビジネスで作成される報告書は、報告書の目的、読む人の立場にたって、作成することが大切です。

1.定型的な報告書・・・日報、週報、月報など
2.非定型的な報告書・・・出張報告書、研修報告書、委員会報告書
3.承認を得るためのもの・・・稟議書、提案書、会議報告書など
4.トラブルや事故の報告・・・自動車事故報告書、業務災害報告書など

プロが教える 報告書・レポートの書き方

報告書の目的を理解しておく

報告書、レポートを作成する前に、まず報告書、レポートを書く目的を理解しておきましょう。

◎報告書 ・・・ 業務又はテーマに沿った内容を報告する(営業日報、出張報告、卒業論文など)
◎記録書 ・・・ 会議の打合せ内容などを記録しておく(会議議事録、役員会議事録など)
  ◎企画書 ・・・ 計画を示し、決済を求める(企画資料、提案資料、プレゼン資料など)

★レポート・報告書の書き方なら!★